加齢と肌トラブル

加齢とともに肌は水分保持力が低下すると言われている。
年齢を重ねるにつれて肌が乾燥しやすくなったと感じる人は自然なことなのだ。
人間の肌はもともと水分をキープする能力があるのだが
加齢でその能力が低下するわけなので、それを補うために基礎化粧品で補うことが大切だ。
私は普通肌だからとか、肌が強いからスキンケアは大丈夫という30代、40代以上の人はいるが
肌のシミやシワ、たるみを防ぐためにスキンケアを始めるのが賢明だと思う。
若い頃は強い肌でも肌トラブルは一気にやってくるのだ。
化粧水だけでなく、美容液、乳液&クリーム、日焼け止めを塗るべきである。
また注目すべき美容成分はビタミンC誘導体、セラミドだ。どちらも保湿成分として超優秀な成分であることは間違いない。
ビタミンC誘導体は化粧水。セラミドは美容液で補おう。
どちらの成分もそのへんのドラッグストアやスーパーでは簡単に購入できない美容成分。
加齢による肌トラブルを避けたい人はケチらずに3000円近くはするビタミンC誘導体配合化粧水、セラミド配合美容液といった基礎化粧品を買うのがいいだろう。